HGサザビー エアブラシもスプレーも使わずにお気軽仕上げ

プラモ製作例

はじめに

以前、素組しましたHGサザビーを仕上げました。

HGUCサザビーを作る 素組編 とても作りやすい良キットのご紹介 初心者おすすめ度

部分塗装とウェザリングで成型色を生かして仕上げています。

リビングでも仕上げることができる工程で製作しました。

このブログはこんな人におすすめです

  • HGサザビーを作ってみたいと思っている方
  • リビングでプラモデルを作りたいと思っている方
  • ちょっとの手間でかっこいいプラモを作りたい方

部分塗装とリアルタッチマーカーウェザリング

ガンダムマーカーでの部分塗装と

リアルタッチマーカーでの墨入れ&ウェザリングをしていきます。

使ったガンダムマーカーとリアルタッチマーカーです。

1.リアルタッチブルー1

2.リアルタッチレッド1

3.リアルタッチグレー3

4.リアルタッチオレンジ1

5.リアルタッチブラウン1

6.SEED DESTINY ホワイト

7.ガンダムメタグリーン

ガンダムガンメタリック

8.シャインシルバー

9.ガンダムレッドゴールド

肩アーマー部分です。

これを分解するのは大変なので、

組む前に処理した方がやりやすいと思います。

シャインシルバーで部分塗装

内側部分をリアルタッチマーカーグレー3でウェザリング。

忙しいモデラー、リビングモデラーにおすすめ リアルタッチマーカーでウェザリングと墨入れを一度にする方法

合わせたらこんな感じ。

部分塗装は、つまようじを使ってちょんづけでしました。

凹モールドへの部分塗装は

つまようじでちょんとつけて、

乾燥させてから、はみ出たところをヤスリで削りとります。

使うヤスリは1000番から2000番くらいがいいと思います。

つまようじチョン付けではみ出してますね。

ヤスリ処理した後。

凹みの部分だけきれいに色が残っています。

腕肩こんな感じで部分塗装しました。

バックパックのプロペラントタンクは

パーティングラインがしっかり入っているので

ヤスリで削り取りました。

合わせ目を0.5mmの段落ちにして

SEED DESTINY ホワイトをつまようじで流し込みました。

ホワイトを流し込んだ後の写真は撮り忘れたので

完成写真で確認してください。

合わせ目を簡単に段落ちモールドにする方法

盾裏の部分塗装です。

脇の下のジャバラ部分はガンメタで塗りました。

後ろスカートの部分塗装。

ファンネルの格納部分の部分塗装

頭裏部分塗装。組んだ後はほぼ見えませんw

足の部分塗装。左が部分塗装後です。

バーニアはシャインシルバーで塗ってから

中をリアルタッチマーカーブルー1と

リアルタッチマーカーレッド1で塗り分けました。

タミヤウェザリングマスターで仕上げ

Bのスス、Dの赤焼き オイル、Eのグレイを使いました。

左がウェザリングマスター後です。

赤の部分はオイルで

関節部分は赤焼けをスポンジでこすりつけるような感じで

黒い部分はグレイを刷毛でさっと

エッジを強調する感じで仕上げました。

完成

完成しました。

モノアイはメタリックグリーンのチョン付けです。

盾とスカート部分のマークは付属のシールを使いました。

箱絵ポーズです。

まとめとカロリー計算

今回は部分塗装を結構丁寧にしたので

時間はかかりましたが、

その分満足のいく仕上がりになりました。

635カロリー(1分1カロリー計算)でした。

素組の300カロリーと足すと935カロリーでした。HGUCサザビーを作る 素組編

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いそがしくてもプラモを楽しみたい!

ではまた!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


ガンプラランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました