FUJIMI艦NEXT 大和 後編 スプレーもエアブラシも使わずにお気軽仕上げ

プラモ製作例

はじめに

以前、組み立てまで終わった大和を仕上げていきます。

スプレーもエアブラシも使わずに、

部分塗装とウェザリングで仕上げていきますので、

参考にしてください。

前編はこちらを見てください。FUJIMI艦NEXT【大和 】前編 リビングモデラーの救世主になるか!? 

使用した道具

【部分塗装】

 ・シタデルカラー BASE WRAITHBONE

 ・シタデルカラー SHADE NULN OIL

 ・筆、持ち手棒、マスキング

 ・ガンダムマーカーレッドゴールド

【ウェザリング】

 ・リアルタッチマーカーブラウン1

 ・リアルタッチマーカーオレンジ1

 ・綿棒

 ・ウェザリングマスターB

 ・ウェザリングマスターE

部分塗装

砲身の根本の部分はシタデルカラーのこれを使いました。

シタデルカラーは色名が読めないですw。何とかBONE。

塗装するときの挟む棒は先が金属のため傷つける可能性があります。

繊細なパーツの場合は、下の写真のように

先にマスキングを巻いて、傷つかないように工夫します。

シタデルの何とかBONEを2回塗ったところ

2度塗りのあと、SHADE NULN OILで影部分を塗ります。

SHADE NULN OILを塗ったあと、最初の何とかBONEでドライブラシをかけます。

小さい砲塔はシタデルの何とかBONEを2回塗りしただけにしました。

次はガンダムマーカーのゴールドで先端のマークを塗装します。

ピンボケになっちゃいましたが、ちょんちょんとつける感じで行けました。

ウェザリング

組み立て時にリアルタッチマーカーグレー3で、

大まかなウェザリングは終わっているので、

ウェザリングは簡単に終わりました。

まず、リアルタッチマーカーのブラウン1とオレンジ1を使って

錆の流れる感じをだします。

ちょんと付けて指でこするとすーっと薄い線ができるので、それを繰り返します。

重力方向にこするのがコツです。

ウェザリングマスターEのグレイを

付属の刷毛でサッとなでるようにしエッジを際立たせます。

わかりにくいですが、少しエッジが協調されています。

続いてウェザリングマスターBのススを使って

砲塔の先にスス汚れを付けます。

砲塔が使い込まれた感じになりました。

完成

完成しました。

全体が40センチもあるので私の撮影ブースでは

入りきりませんw

まずは前方から

後方から、

シールは艦載機の日の丸と後部の旗だけ使用しました。

主砲部分をメインに

斜め下から、いい迫力です。

斜め下後方から。いいおしりをしていますw。

スクリューはゴールドで塗装の指示が出ていましたが、

成型色そのままにしました。

まとめとカロリー計算

前編の組み立てはとても時間がかかりましたが、

リアルタッチマーカーグレー3で処理した後だったので、

仕上げは短時間で済みました。

カロリー計算は113カロリー(1分1カロリー計算)

前編と合わせると1,051カロリーでした。FUJIMI艦NEXT【大和 】前編 リビングモデラーの救世主になるか!? 

まさかの1,000カロリー越え!

松屋のビビンバ丼大盛と同じカロリーですw。

高カロリーなのでとても満足感が得られるキットでした。

おすすめです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

忙しくてもプラモを楽しみたい!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました