ディテールアップの強い味方 チョッパーⅡ型 レビュー

プラモ道具・技術・環境

はじめに

私の作例ではディテールアップはあまりしないんですけど

なぜかどうしても欲しくなって、チョッパーⅡ買っちゃいました。

せっかく購入しましたので、レビューしたいと思います。

製品情報

品名:HT-703  チョッパー2型

製造元:米国NWSL社製

大きさ:18センチ×18センチの正方形 高さはたたんだ状態で7センチくらい

値段:13,200円(替え刃と替えマット付き)本体だけでも売っています。

   (今回はJEMAジェマヤフー店さんで購入しました)

下の写真は替え刃と替えマットです

開封

大きさはこんな感じです。

重さはあまり重くありません。というか軽いです。

紙を切る押切をイメージしていると軽さにびっくりすると思います。

簡単ですけど日本語説明書が入っていました。

ありがたいですね。

歯の長さは3.5センチといったところです。

使わない時の歯のカバーも付属しています。

ガイドが2個ついています。

90度、30度、45度、60度の角度が入っています。

使用してみます

ガイドを寸法に合わせて固定します。

切りたいプラ板をガイドに合わせてレバーを下すだけ。

厚さ1mmのプラ板は余裕でした。

1mmのプラ板を細長く切ってそろえていっぺんに切ってみました。

きれいにそろいました。

楽しくなっていっぱい作ってしまいましたw

続いて厚さ0.3mmのプラ板でやってみます。

ガイドがほんの少し浮いているので、

0.3mmだとガイドの下に入り込んでしまいます。

↓のように指で押さえて、プラ板を合わせるといいです。

これくらいの大きさが私の技術では限界でした。

ピンセット必須です。指にひっついて取れにくいです。

この大きさくらいなら作りやすいです。

これくらいでもピンセットがないと厳しいですね。

使いやすそうな大きさのプラ板を3種類作りました。

これくらい作るのに30分かかっていません。

入れ物は100均で一番小さいたっぱを購入しました。

これくらいの大きさのパーツなら、

ビーズを入れるケースの方がよかったかもしれません。

後日セリアさんで、購入してきました。

化粧品のコーナーにあります。

十分な大きさですね。

説明書に6mmまで切れるというふうに書いていましたので

5mmのプラ棒を切ってみました。

5mm角の立方体が量産できるかと思いましたが、

残念ながら切り口がゆがんでしまいました。

裏面はインチでのメモリになっています。

メモリを使わないのであれば表面がだめになっても

裏面にひっくり返して使えます。

片面4方、裏面4方で1枚のマットにつき8回場所を変えて使えます。

替えのマットを購入しましたが、

しばらくいらなかったかもしれません。

ほんの少しマットの線の右側に刃の跡がついています。

これを踏まえてメモリを合わせると寸法がずれません。

ただこのずれは個体差があるかもしれませんので、

それぞれで購入したチョッパーで確認してください。

まとめ

決して安い買い物ではありませんが、

買ってよかったと思っています。

ディテールアップの細かいパーツを切り出すのが

面倒だという人にはぜひおすすめしたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いそがしくてもプラモを楽しみたい!ではまた!


模型・プラモデルランキング

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました