セクシーすぎる白バイ隊員ができました フレームアームズ・ガール フレズヴェルグ 仕上げ編

プラモ製作例

はじめに

以前、仮組しました、フレームアームズガールズ&ラピットレイダーセット〈フレズヴェルグVer.〉の

仕上げをしていきます。フレームアームガールズ&ラピットレイダーセット〈フレズヴェルグVer.〉 素組レビュー

今回は以前作ったGSX-R750に合わせたくて

白バイ隊員風に仕上げてみました。逮捕しちゃうぞSUZUKI GSX-R750白バイ仕様作成 後編 カウルなど仕上げ

使った道具、材料

1.水性ホビーカラー

  • H15インディーブルー
  • H25スカイブルー
  • H32ダークグレー
  • H44薄茶色
  • H92クリアーオレンジ
  • H93クリアーブルー
  • 専用うすめ液

2.リアルタッチマーカー

  • グレー3
  • ブルー1
  • ぼかしペン

3.Mr.ウェザリングカラーマルチグレー

4.水性サーフェーサー1000

5.水性ホワイトサーフェーサー1000

6.瞬間カラーパテ

7.タミヤ硬化促進剤〈瞬間接着剤用〉

8.神ヤス400番~800番

9.スジボリ堂面取りヤスリ600番800番

10.タミヤセメント流し込みタイプ

11.タミヤパテ

12.デザインナイフ

13.エアブラシ

14.綿棒

下地処理

合わせ目をタミヤセメントとヤスリ掛けで

消していきます。

段さがひどい所は瞬間カラーパテを塗って

硬化促進剤で固めてから削ると合わせ目が消せます。

硬化促進剤を使うのは単なる時短ですので

使わなくて自然乾燥でも大丈夫です。

写真は塗装後ですが、塗装前に

矢印の部分は、合わせ目をデザインナイフで

斜めに削りモールドにしました。

背中の穴は埋めようと思います。

まず矢印のようにランナーを差し込んで

ある程度埋めて

タミヤパテで盛り付けて

乾燥後ヤスリとデザインナイフで整えました。

ここは最後まできれいにならなかったので

このやり方は参考にしないようにしてください。(‘Д’)

充電式エアブラシソウルパワーでサフを

吹こうとしたんですけど

圧が弱いせいか矢印のようにたまってしまい

うまく吹くことができませんでした。

しかたなく通常のエアブラシで塗装しました。

グレーサフを吹いてから、肌色の部分とヘルメットは

白サフを吹きました。

水性のサフもいい感じで隠ぺい力があります。

臭いも抑えられいるのでラッカー臭が

苦手な人にはおすすめです。

今回は瓶タイプを使いましたが、

スプレータイプもありますので、

エアブラシを持っていない方でも使えます。

塗装

今回はエアブラシを使って塗装しました。

まず制服のスカイブルーを塗装。

その上から、服のしわや影になりそうなところに

クリアーブルーを細吹きしました。

おへそのへこみやお尻の丸みが立体的になりました。

微妙な力加減ができる技術もないので

いっぱいにレバーを引いても

細吹きになるように、矢印のつまみで調整しています。

下のつまみはクレオスのダストキャッチャーに

ついているエア量調節つまみです。

このつまみでエア量を調節して

ハンドピースのつまみで、塗料の量を調整すれば

簡単に細吹きができます。

クレオスのダストキャッチャー2エア量調整機能付き

めちゃおすすめです。

肌色パーツはホワイトサフの後クリアオレンジで

影になる部分に細吹きします。

矢印のところは後々、他のパーツで隠れるので

幅を広めに吹いています。

上から薄茶色をエアブラシで吹き付けます。

下地のクリアーオレンジの部分の色合いを見ながら

オレンジ部分が消えすぎないように気をつけます。

ヘルメットはホワイトサフそのままです。

後頭部の黒くマルイ部分はダークグレーで塗装しました。

写真は墨入れ前ですが、この後

Mr.ウェザリングカラーマルチグレーで墨入れしました。

墨入れ後はみ出たところは綿棒でサッとふき取ります。

足の部分はグレー部分はサフのグレーそのままです。

このサフグレー結構好きなんですよね。

黒く見えるところはダークグレーです。

白バイ隊員のブーツをイメージしてみました。

リアルタッチマーカーのブルー1で墨入れ

はみ出たら綿棒でふき取りです。

完成

ぜんぜん白バイ隊員に見えない><

おしりのあたりは結構柔らかい感じが

出せたのではないかと思います。

フィギュア単体だとヘルメットが少し大きくて

アンバランスに感じます。

キャラクターが細身だからよけいですね。

GSX-R750と合わせてみました。

ちょっと白バイ隊員に見えますかね?

むしろ捕まる側のコスチュームのような気もします(‘Д’)

バイクと合わせた方がバランスがいいですね。

こんな格好の白バイが走っていたら

よそ見して事故りそうです。

残念ながらライディングポーズは取れませんでした。

まとめと反省点

初めてフィギュアをエアブラシ塗装した割には

うまくいったと自己満足しています。

背中の穴の処理は別の方法を考えます。

完全に失敗でした。

次回があればリベンジしたいと思います。

次はラピットレイダーを白バイ化していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

忙しくてもプラモを楽しみたい

ではまた!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました