サージェントヴェルデバスターガンダム 宇宙刑事風仕上げ 蒸着!

プラモ製作例

はじめに

先日素組したヴェルデバスターガンダムを

仕上げていきます。

組み立てレビューはこちらから

サージェントヴェルデバスターガンダム素組レビューと初心者おすすめ度

箱絵を見たとき宇宙刑事に見えてしまったので

シャイダー風に仕上げに挑戦してみました。

使った道具類

  • ガンダムマーカーレッドゴールド
  • ガンダムマーカー蛍光ピンク
  • ガンダムマーカーブラック
  • ガンダムマーカー蛍光グリーン
  • ガンダムマーカーメタブルー
  • ガンダムマーカーシャインシルバー
  • リアルタッチマーカーグレー3
  • つまようじ
  • メラミンスポンジ(写真なし)
  • 綿棒(写真なし)
  • ガンダムマーカーエアブラシシステム
  • 充電式エアブラシ ソウルパワー

今回はガンダムマーカーエアブラシシステムを使って

全塗装しました。ソウルパワーのレビューはこちらからどうぞ

リビングでエアブラシができる!?ガンダムマーカーエアブラシシステムとソウルパワーを使って リビングでエアブラシを実現する 

塗装

ガンダムマーカーエアブラシシステムを使って

メタブルーとシャインシルバーで塗分けます。

コスモメタブルーと迷いましたが普通のメタブルーの方が

シャイダーっぽい色だったのでこちらにしました。

グレーのパーツだけそのまま成型色を残しました。

墨入れ

リアルタッチマーカーグレー3で墨入れしていきます。

胴体と太もも、ジャスティスロックという武器のグレーパーツは

成型色そのままなのでいつもとおりメラミンスポンジでグレー3をふき取っていきます。忙しいモデラー、リビングモデラーにおすすめ リアルタッチマーカーでウェザリングと墨入れを一度にする方法

写真右が墨入れ後、左はガンダムマーカーエアブラシシステムで

メタブルーを塗っただけの状態です。

すでにガンダムマーカーで塗装したところは

メラミンスポンジを使うと下地の色も削ってしまうので

綿棒を使って拭いていきます。

リアルタッチマーカーも細い方を使って

できるだけはみ出ないようにして墨入れをしていきます。

全パーツ終わりました。

目の部分を黄色に塗っていますが

クリアパーツを付けるとまったく効果がなかったので

気にしないでください(-_-;)

部分塗装

蛍光グリーン、蛍光ピンク、ピンクゴールドを使って

部分塗装をしていきます。

つまようじで、ちょんちょん塗りです。

細かいところは先をカッターで削って細くしてから塗りました。

ちょっとくらいならはみ出しても指でこすれば取れます。

完成

完成しましたー

どうでしょう

シャイダーっぽくなったでしょうか。

クリアパーツの奥にある目が透けて見えると

かっこいいんですが、うまくいきませんでした。

後ろから

ガンダムマーカーで蛍光ブルーを出してもらいたいところです。

斜め下から、凛々しいです。

ブラックライトで光らせてみました。

なんかかっこいい

前回のνガンダムから蛍光色とブラックライトのコンビにやみつきです

HG νガンダム エアブラシもスプレーも使わない、成型色生かしてお手軽仕上げ

正面から

赤く見えるところはクリアパーツです。

後ろからいい雰囲気出てますねー

カメラのフィルター機能で

クロスフィルターという効果を使って撮ってみました。

よりキラキラ感が出て、オープニングに出てきそうな感じになりました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

サージェントヴェルデバスターガンダム、

宇宙刑事っぽく見えたでしょうか。

ojisan的にはかなりいい感じに仕上がったんじゃないかと思っています。

大満足!

消費カロリーは315カロリー(1分1カロリー)

素組と合わせると372カロリーでした

500円そこそこだからって侮るなかれ、かなり遊べるキットです。

安いので思い切った挑戦が心理的にしやすいのもいいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いそがしくてもプラモを楽しみたい。

ではまた!


ガンプラランキング

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました