HGズゴック ディテールアップ編

プラモ製作例

前回素組したHGズゴックをディテールアップしました。HG MSM-07 ズゴック 素組レビューと初心者おすすめ度

簡単なスジボリと、プラ板貼りだけの簡単なディテールアップですので

興味ある方はぜひ最後まで見てください。

使った道具

〇スジボリ

 ウェーブマイクロチゼル 0.2㎜ 0.5㎜ 0.8㎜

 タミヤ曲線用マスキングテープ2㎜

 ハイキューパーツスジボリガイドテープソフト6㎜ 3㎜

 ハイキューパーツスジボリ用ガイドテープハード3㎜

 ゴッドハンドピットブレード1㎜~3㎜

 ゴッドハンドスピンブレード3.2㎜~4.5㎜

 歯ブラシ

 ハサミ

 デザインナイフ

〇プラ板貼り

 0.2㎜プラ板

 ウェーブディテールパンチ各種

 タミヤセメント

 デザインナイフ

 ステンレス定規

スジボリ

頭のテッペンは

タミヤ曲線用マスキングテープ2㎜を

ミサイルの発射口を基準にして貼り付けました。

マイクロチゼル0.2㎜で彫った後です。

足のところはこんな感じです。

足の前側。

バックパック

以前ご紹介したスジボリの仕方を駆使して彫っていきます。複雑なスジボリを彫る方法

腕はこんな感じ

胴体部分

腰回り。

プラ板でディテールアップ

0.2㎜プラ板をディテールパンチでくりぬきます。

赤い線の部分をデザインナイフで切っていけば

同じサイズの長方形ができます。

それを、タミヤセメントでぺたぺたつけていくと

こんな感じです。

ディテールパンチ活用2

こんな形のディテールパンチで

ちょっと見えにくいですが先の部分だけタミヤセメントをつけます。

ディテールにそって張り付けて

乾燥したあと、ディテールにそってデザインナイフでカットすれば

こんな感じになります。

ディテールパンチを駆使して

いろいろプラ板を貼り付けていって

足後ろ部分

おしり部分

腰前部分

腕部分

頭部分

背中部分

ぺたぺたやっていきました。

ディテールアップ終了

ディテールアップが終了しました。

写真ではわかりにくいですが、

情報量が増えています。

後ろから見た感じ。

スジボリもよれよれで、

まだまだ修行が足りませんが、

今回はこれでディテールアップ終了としたいと思います。

ディテールアップにディテールパンチはとても使えるので

各種そろえるといいですよ。

かさばるので収納にはこまりますけどね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございました。

忙しくても趣味を楽しみたい!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました