超コンパクトでコスパ最高の薪ストーブを使ってみた

キャンプ

寒さも本格的になってきて

冬キャンプが楽しみな時期になってきました。

今回薪ストーブを初めて購入し使ってみましたので

レビューします。

購入した薪ストーブ

今回購入した薪ストーブは

3FULGEARさんの薪ストーブです。

ほかに迷ったのは以下の2種類です。

バンドックさんの薪ストーブと

ウィンナーウェルさんのSサイズです。

購入の決め手

1.購入の決めてはコンパクトになることと

2.1.8㎏という軽さ、

3.2万円を切るコスパ

4.奥行が40cmあり市販の薪を切らなくてもいい

不安要素

1.強度

2.炎を見るための横窓がほしい

3.手巻き煙突がめんどくさそう

4.煙突をガイロープで止めるところがない

4.に関しては以下のスパークアレスターを

購入して解消しました

開封

折りたたんで入っているのでとてもコンパクトです。

収納サイズは横幅約45cm×縦約27cm×厚みやく7cmです。

少し大きめのリュックであればすっぽり入る大きさです。

中身はこれだけのパーツが入っています。

右上のスパークアレスターは、

別売で純正ではありません。

スパークアレスターも袋の中に収納できました。

組み立て

巻き煙突に少し手こずりましたが、

ガイロープも含めて、だいたい30分くらいで

組み立てできました。

テント穴に通したら安定するかもしれませんが、

何もなしの場所だと

ガイロープなしではうまく安定しませんでした。

タープとかで使う人は、

ガイロープを固定できるような工夫が必須です。

火入れ

煙突の根元にある火力調整弁がうまくいかず

不完全燃焼をしています。

調整弁は全開にして使った方がうまくいきました。

窓が小さいかと心配しましたが、

ソロだと気になりません。

日が見えるだけでなんか気分がいいですね。

暗くなると熱くなっているところがよくわかりますね。

次の日の灰です。

燃え残りもなく燃焼効率はよさそうです。

軍手が付いているのはありがたいんですけど

ケースのマジックテープに引っかかって

すぐにほつれちゃいました。

感想

焚き火よりは暖かさはないのですが、

その分近くに寄れるので、暖かいです。

焚き火よりススの臭いがしないのも〇。

風がちょっとくらいあっても暖がとれるのがいいですね。

次は煙突穴付きのテントを買って

おこもりキャンプをしてみようと思います。

耐久性はまだわかりませんが、

今のところ買って大正解でした(⌒∇⌒)

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございました。

忙しくても趣味を楽しみたい

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました