忙しいモデラー、リビングモデラーにおすすめ リアルタッチマーカーでウェザリングと墨入れを一度にする方法

プラモ道具・技術・環境

はじめに

リアルタッチマーカーでの技法はいろんな書籍や

モデラーの方が紹介していますが、

私もよく使う工法なので改めて、紹介しておきます。

このブログはこんな人におすすめです。

  • プラモデルを塗装せず仕上げたい方
  • 失敗しにくい墨入れとウェザリングをしたい方
  • スプレーを使わずつや消し仕上げにしたい方

リアルタッチマーカーの利点

リアルタッチマーカーをおすすめする理由は以下のとおりです

 1.においがない

 2.失敗が少ない

 3.お手軽

1.についてはリビングモデラーには必須ですよね。

  匂いによる家族の苦情は全く出ません。

2.については適当にやってもいい感じに仕上がります。

  根気はいりますが、技術がいらないので、

  誰でもすぐにできるようになります。

  はみ出てもメラミンスポンジでこすることで修正ができます。

3.うすめ液や筆もいらず、準備・片付け超簡単。

  いつでも始めれて、いつでも終われる。

  忙しいモデラーにはありがたい工法ですね。

準備物

リアルタッチマーカー(私はグレー3をよく使います)

メラミンスポンジ(100均で売ってます)をカッターでスライスしたもの。

綿棒

ティッシュかキッチンペーパー

作業手順

エントリーグレードガンダムの頭を使ってやってみます。

ランナーから切り離して、ランナー跡の処理をした状態です。

リアルタッチマーカー3で墨入れをしたいところに塗ります。

後でふき取りますので、少しはみ出すくらいで塗って大丈夫です。

出来るだけ凹んだ部分の奥にも色を塗るようにするのがコツです。

マーカーの太い方を使って塗った方が塗りやすいですね。

塗ってすぐに、綿棒やティッシュでおおまかにふき取ります。

あまり塗ったまま置いておくとふき取りにくくなります。

ふき取りすぎず凹んだところに色が残るようにするのがコツです。

メラミンスポンジでさらにふき取っていきます。

メラミンスポンジはすぐにボロボロになりますが、

安いものなので気にせずバンバン交換していきましょう。

この工程を繰り返すだけです。

この作業は単純作業になるので、テレビを見ながらや

リビングで奥さんや子供と話しながらやってください。

私は奥さんと話したり

YouTubeを見たりしながらやっています。

この方法を使うときに気を付けるのは

つや消しになることです。

メラミンスポンジでこするとどうしても

つや消しになってしまいますので気を付けてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

忙しくてもプラモを作りたい!

ではまた!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました