タミヤ1/48ナースホルン ラッカー塗料を使わずに仕上げる

プラモ製作例

はじめに

先日素組した、タミヤ1/48ナースホルンを

仕上げていきます。タミヤ1/48 ナースホルン 仮組と初心者おすすめ度

今回は、新しく出たガンダムマーカーMSVを使って

塗装したいと思います。

使った道具、塗料など

1.水性ホビーカラー

  • 18黒鉄色
  • 72ダークアース
  • 75焼鉄色
  • 77タイヤブラック
  • 515ジャーマングレイ
  • 水性ブラックサーフェーサー
  • 水性ホビーカラー用うすめ液

2.ガンダムマーカー

  • MSVダークイエロー
  • ガンダムメタリック

3.リアルタッチマーカーブラウン1

4.Mr.ウェザリングカラーグランドブラウン

5.タミヤウェザリングマスターB・C・E

6.充電式エアブラシソウルパワーエアブラシ購入を検討している人必見 充電式エアブラシ ソウルパワーレビュー

7.ガンダムマーカーエアブラシシステム

8.綿棒

9.筆タミヤモデリングブラシHF面相筆極細

10.タミヤセメント流し込みタイプ

11.ピンセット

12.Mr.マークセッター

13.デザインナイフ

下地塗装

下地を水性サーフェーサーブラック1000を

充電式エアブラシソウルパワーで塗装しました。

ソウルパワーでサーフェーサーを吹いてみて

気づいた点は、少し希釈をうすめにして塗装すること

あとしばらく塗装していると先に塗料がたまってくるので

うすめ液をつけた綿棒で掃除してあげるとまた復活します。

スプレーより吹き返しが少なくて

ベランダ塗装する人にもいいと思います。

砲身のパーツとその周りの装甲はウェザリングの手前まで接着していません。

塗装

ガンダムマーカーMSVダークイエローで塗装します。

充電式エアブラシソウルパワーと

ガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装しました。

写真のようにエッジの部分を少し薄めにして

下地の黒が透けるように塗装しました。

なかなかいい色です。

ガンダムマーカーエアブラシシステムで

迷彩塗装にチャレンジしてみましたが

写真のとおり残念ながらうまく塗装できず、

ダークイエロー一色での塗装になりました。

マスキングすればいけそうなので、また別の機会に

チャレンジしてみたいと思います。

部分塗装

転輪部分は水性ホビーカラーのタイヤブラックで

筆塗塗装です。

面相筆でちまちまと塗っていきます。

乾いたら水性サーフェーサーブラック1000の上から

ガンダムマーカーガンメタを軽くエアブラシ塗装した

履帯を取り付けました。

上部ボディと分離しないので、隙間が狭く少し取り付けにくいです。

ワイヤー部はガンダムマーカーのガンメタを

エアブラシしました。後の部分は筆塗です。

後ろから見たところ。

ウェザリングと墨入れ

ウェザリングと墨入れは写真撮り忘れました(-_-;)

Mr.ウェザリングカラーグランドブラウンで

墨入れしました。

雨だれはリアルタッチマーカーブラウン1でチョンと

つけて指でこする方法で表現しました。

水性ホビーカラー焼鉄色をスポンジでチッピング。

タミヤウェザリングマスターBのススで汚し

Cのシルバーで履帯部分に剥げ

Eのイエローでエッジにこすりつけて、

ドライブラシ風にハイライトを入れてます。

完成

まとめ

いかがだったでしょうか。

残念ながらガンダムマーカーで

迷彩はできませんでしたが

次回チャレンジしなおしてみようと思います。

ナースホルンはとてもいいキットでした。


ミリタリーランキング

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いそがしくてもプラモを楽しみたい。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました