ソロキャンプに最適、ダイソーの湯たんぽ紹介

キャンプ

秋も深まり、キャンプしやすい季節になってきました。

10月下旬でも標高の高いキャンプ場の夜など

だいぶ寒くなります。

ダイソーさんでソロキャンプにぴったりの

湯たんぽが発売されていましたので

ご紹介します。

商品紹介

シンプルに「湯たんぽ」という名前です。

お値段400円(税抜き)の超コスパ最高の湯たんぽです。

入るお湯が610ml。

ソロキャンプの時あまり大きなクッカーを

持って行かないと思いますが、

610mlであれば

普通サイズのメスティンでも沸かせるお湯の量なので

2回3回とお湯を沸かす必要がなくていいですね。

耐熱温度も100度以上なので

お湯を入れても変形することはなさそうです。

開封

小さくてかわいい感じです

手のひらよりちょっと大きいくらいの大きさ。

裏には耐熱温度などが記載されています。

お湯を入れてからでも

この部分を持つと熱くないかと思いましたが、

お湯を入れてしばらくすると熱くなります

ただお湯を入れたばかりの時は熱くなりにくいので

湯たんぽ用の袋に入れるときなどはいいですね。

中には説明書が一枚入っていました。

プラ製なので当たり前ですが、直接あたためたり

電子レンジであたためたりはできないようです。

説明書の裏面には低温やけどの注意が記載されていました。

親切です。

重さは215g。

プラ製なのと小さいので軽いです。

縦の長さは19cmくらい

厚みは5.5cm。

キャップ部分も合わせると7.5cmくらいです。

開口部は3.5cm。

注ぎ口がないクッカーだと入れにくいかも。

良い所・悪い所

開封して実際お湯も入れてみて

感じたことは以下の通りです。

【良い所】

  • 最強コスパ
  • コンパクト
  • 軽い
  • お湯の容量が少ないので小さいクッカーで大丈夫

【悪い所】

  • お湯が少ないので保温性が不安
  • 直火で沸かすなどワイルドにできない

良い所・悪い所は表裏一体といった感じです。

何を求めるかといったところですね。

一工夫

専用の袋は売ってなかったので

同じくダイソーのルームソックスで

カバーしてみました。

湯たんぽに入れてみるとシンデレラフィット(^-^)

2重にして入れるとちょうどいい厚みになって

低温やけど予防になります。

2重で入れるコツは先に靴下を2重にしてから入れる入れやすいですよ。

まとめ

もう少し寒くなってきたら

実際使ってみたいと思います。

靴下を合わせても550円で買えるので

お試しに買ってもいいですね。

これくらいの湯たんぽがほしいと思っていたので

とてもうれしいです。ダイソーさんありがとう。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございました。

忙しくても趣味を楽しみたい!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました