スカイラインGT‐R MCR ザ・チューンドカー 仮組と初心者おすすめ度

プラモレビューと初心者おすすめ度

はじめに

車にそこまで詳しくはないのですが

かっこいい車とか、かっこかわいい車とかは

普通に好きです。

本物の車に、お金をかけてチューニングするほどでは、

ないですが、やっぱりノーマルよりチューニングカーの

方がかっこいい。

今回作ったアオシマさんのザ・チューンドカーシリーズは

ヤン車のようにごてごてしていなくて

程よいチューニングがされていて

ノーマル車でちょっとものたりない感じを

うまくかっこよくしていると思います。

今回はGTRのMCRバージョンを

作ってきたいと思います。

キット概要

製品名:MCR BNR34 スカイラインGT-R’02

製造元:AOSHIMA

シリーズ:ザ・チューンドカーNo.71

スケール:1/24

発売日:2021年11月

価格:3080円(税込)

開封

クリアーパーツが無色と赤色に色分けされています。

ノーマルのGTRとパーツを共有しているようで、

結構パーツが余ります。

タイヤはゴム製で溝もしっかりと彫られています。

説明書とデカールとクリアパーツ用の

専用マスキングが入っています。

クリアパーツ用のマスキングがうれしいですね。

仮組完成

仮組なので細かいパーツは取り付けしない状態で

レビューします。

見えにくいですが、タイヤにブレーキ部分を取り付けています。

ブレーキはメッキパーツです。

タイヤはポリキャップで稼働するようになっています。

上から見たところ。

横から見たところ

フロントカウル部分の隙間は接着していないので

とても隙間ができています。

接着するともっと隙間はなくなりますが、

少しパーツの合いが悪い感じがしました。

フロント部分。

底面。

マフラーだけメッキパーツになっています。

足回り部分。

メカ部分がないので、かなり簡素な足回りです。

ダンパーは本物のスプリングです。

まあ、あまり見えないところなので

これくらいでも私的には十分です。

内装部分。そこまで精密ではありませんが

見えにくいところなのでこれくらいでも大丈夫。

気になる部分

フロントのボンネットとカウル部分に隙間が空きます。

あと写真ではわかりにくいですがフロントカウルに

深い引けがあります。

リアのカウルもパーツの合いが悪いです。

そのまま着けようと思うと写真のように

ずれてしまいます。

初心者おすすめ度

製作時間:★★★★☆4点

価格:★★☆☆☆2点 

作りやすさ:★☆☆☆☆1点

キットに対する思い入れ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

合計:7点(思い入れ含まず)

詳しい採点内容は製作時間184カロリー(1分1カロリー計算)で200カロリー以下で4点

価格は3080円で4000円以下で2点

作りやすさは20cm以下で1点としました。

採点基準が気になる人はこちらのリンクからご確認ください。ojisan流プラモデル初心者おすすめ度の計算方法

まとめ

最近出されたキットの割に作りが甘い気がします。

この作りでエンジンがないなら少し値段が高いなぁと感じます。

まあチューニングの感じはかっこいいのと、

エンジン部などのメカ部がなくてサクッと

組み立てができるので、私のように、

車は好きだけどそこまでこだわりがないという人には

おすすめのキットです。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング

いそがしくてもプラモを楽しみたい。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました