キット一つで卓上がジュラシックパークに、タミヤベロキラプトル6体セット 素組と初心者おすすめ度

プラモレビューと初心者おすすめ度

はじめに

最近、恐竜化石標本のプラモデルなんかも出て、

にわかに恐竜ブームじゃないかと思います。

私も小さいころ恐竜が大好きで

図鑑など見て楽しんでいたものです。

プラモ屋でお手軽にできる

恐竜のプラモデルを探していると

タミヤさんから出てました。

ベロキラプトル6体セットです。

ジュラシックパークで有名になった恐竜ですね。

作ってみたら卓上がジュラシックパークに

なりましたのでご紹介します。

このブログは以下の方におすすめです。

  • 恐竜のプラモデルを作ってみたい方
  • 卓上でジュラシックパーク感を味わいたい方
  • ベロキラプトル6体セットの合わせ目など気になる部分が知りたい方

キット概要

キット名:1/35ベロキラプトル6体セット

製造元:株式会社タミヤ

定価:990円

発売:1994年5月発売

キット発売事態は30年近く前なんですね。

知りませんでした。

開封

ランナー2枚で非常にシンプルな作りです。

説明書はついていなくて、

箱の裏の完成図を基に作ります。

同じ番号が結構ありますので

形を見ながらくみ上げます。

使った道具

1.ニッパー(ケロロニッパー)

2.神ヤス(600番・800番)

3.タミヤセメント(流し込みタイプ)

4.デザインナイフ

組み立てと気になる合わせ目

体の真ん中にパーティングラインが入っているので

デザインナイフでカンナ掛けしながら削っていきます。

写真のようにデザインナイフを立てて

矢印の方向へパーティングラインがある程度なくなるまで

滑らせて削りとります。

少しくらい残っていても体の模様みたいになるので

周りのうろこのモールドが消えないくらいにしました。

太ももの付け根にがっつり合わせ目が出ます

後写真にはありませんが腕の付け根にも合わせ目が出ます。

足と特徴的な爪が別パーツになっているので

合わせ目が出てしまいます。

素組完成

下地塗装してしまっていますが、

こうやって宙に浮いていると

なんか躍動感があると思いませんか?

1匹1匹表情やポージングが違うので

見ているだけでなんかわくわくします。

ジオラマ作りたい人にもおすすめですね。

大きさは1匹10cm程度で

レイアウトしやすいサイズです。

あまったパーツはこんな感じです。

あまり説明書どおり気にせず、

自分の気に入ったポージングをしても

面白いと思います。

まとめとカロリー計算

このキット作るのはパーツが少ないので

6体作った割には時間はあまりかかりませんでした。

作っている途中のキットが

机の上に転がっているだけで

ジュラシックパーク感が出てなんか楽しくなりました。

なんか恐竜が卓上に転がっているワクワク感は初体験です。

皆さんにも味わってもらいたいw。

かかった時間は186カロリー(1分1カロリー)でした。

もちろん6体分の時間です。

上の写真でも、なんか恐竜の群れが

机の上にいる感じでいいですけど。。。

塗装するとこんな感じで

水性ホビーカラーの合間を走るベロキラプトルがいい感じです。

一気に机の上がジュラシックパークになりました。

一匹一匹ポーズや表情が違うところが生き物感を出していると思います。

仕上げ編はまた次回ブログにしますね。

初心者おすすめ度

製作時間: ★★★★☆4

価格:   ★★★★★5

作りやすさ:★★☆☆☆2

キットに対する思い入れ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

合計11点(キットに対する思い入れを抜き)

ojisan流プラモデル初心者おすすめ度の計算方法

詳細は、製作時間は200カロリー以下の4点

価格は1000円以下の5点

作りやすさは、ピンセットいらずと、20cm以下で2点としました。

なんといっても6体セットで990円は脅威的です。

7点くらいつけてもいいくらですよね。

お手軽にジュラシックパークの世界を楽しめる超おすすめキットでした。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いそがしくてもプラモを楽しみたい。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました