紅の豚 1/72カーチス ファインモールド製 素組編

プラモレビューと初心者おすすめ度

はじめに

あの宮崎駿監督の名作、紅の豚より

カーチスのプラモデルを作っていきたいと思います。

私、宮崎駿監督の作品の中で

紅の豚が一番好きです。

実はこのキット、昔に1度失敗しています。

なので今回はリベンジということになります。

素組編という風に題名は入れていますが

塗装する関係で、この段階で塗装しているところと

接着できていない部分がありますので

ご了承ください。

最終的には、ガンダムマーカーで全塗装してみたいと

思いますので興味のある方は最後までぜひ読んでください。

キット概要

製品名:カーチスR3Cー0非公然水上戦闘機

スケール:1/72

定価:1760円(税込)

メーカー:ファインモールド

※非公然ってどういう意味か調べてみると

「世間一般には知れ渡っていないこと」だそうです。

紅の豚のシリーズでは一番お求めやすい価格だと思います。

開封

ランナーは2枚

とてもパーツが少ないです。

2台同時にディスプレイできる飾り台もついています。

ポルコの機体も作って並べて飾りたくなりますね。

デカール・クリアパーツ・説明書

説明書がとてもいいです。

カーチスの開発経緯やその栄光の歴史が

詳しく載っています。

使用道具など

1.ニッパー(ケロロニッパー)

2.神ヤス(400番・600番)

3.デザインナイフ

4.タミヤセメント(流し込みタイプ)

5.ピンセット

6.充電式コンプレッサー(ソウルパワー)

7.ガンダムマーカーエアブラシシステム

8.ガンダムマーカー

  • ガンダムシルバー
  • ガンダムグレー
  • ザクダークグリーン
  • ガンダムブラック

組み立てと事前塗装

コクピットの中は組み立てた後では塗装できないので

ガンダムマーカーで塗っていきます。

充電式のコンプレッサーとガンダムマーカーで

塗装しました。

細かいところはつまようじでちょんちょん塗装です。

ボディーの内側もガンダムマーカーの

ガンダムグレーでエアブラシしました。

細かいところはつまようじでちょんちょん塗り。

翼の裏側をガンダムブラックで塗装

写真では見えないですが計器類が付いています。

計器盤はガンダムグレーで塗装

デカールは凹凸が激しくてうまく

貼れそうになかったので貼らずに取り付けました。

後で見てもほとんど見えないので

まあ大丈夫でしょう。

気になる合わせ目

フロートはがっつり合わせ目がでます。

ボディーもモナカ構造ですので矢印のように

合わせ目が出ます。

もちろん下側も同じように合わせ目が出ます。

ラジエーターにも合わせ目です。

写真で見てわかるようにとても小さなパーツですので

ヤスリ掛けが大変です。

プロペラの先端部分は別パーツになっていて

写真ではわかりにくですが矢印の部分に

合わせ目がでます。

前編完成

素組完成です。

ほとんどバラバラの状態ですが、

色分けのためにもこれで素組完成とします。

大きさは8cmくらいです。

手のひらサイズで飾りやすい大きさです。

前編まとめと初心者おすすめ度

パーツが少ないので比較的早くできます。

ただコクピット内を先に塗装しないと

後で塗装はできない仕組みになっています。

1色塗装して乾燥させて

次の色を塗装しなければならないので

乾燥に時間がかかります。

1日少し作って乾燥させて翌日続きをするという

サラリーマンモデラーにはぴったりですね

前編のカロリーは102カロリー

(1分1カロリー計算)でした。

実際には塗装もしていますが、

素組ということで初心者おすすめ度を

計算したいと思います。

製作時間:★★★★☆ 4点

価格:★★★★☆ 4点

作りやすさ:★☆☆☆☆ 1点

キットに対する思い入れ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

合計9点(思い入れ除く)

【詳しい採点内容】

製作時間は200カロリー以下で4点、

価格は2000円以下で4点

作りやすさは20cm以下で1点としましたojisan流プラモデル初心者おすすめ度の計算方法

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いそがしくてもプラモを楽しみたい。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました